黒酵母βグルカン(アウレオバシジウム)培養液テクニカルレポート


3 産業動物データ-2


黒酵母(アウレオバシジウム)培養液混合飼料による
ブロイラー種鶏の産卵成績改善試験に関する報告

■試験依頼先:鹿児島県内大規模養鶏業者(ブロイラーひな生産羽数:1,300万羽/年)

試験内容

■試験実施期間:平成20年6月〜7月
■実施農場:鹿児島県内直営種鶏場
■試験動物:チャンキー種鶏 (6,000羽)
■検体給与期間:34週齢〜38週齢

試験試料

 黒酵母(アウレオバシジウム)培養液をスプレードライ製法により粉体化加工。賦形剤にはデキストリンを使用。(βグルカン1%含有)

給与方法

 飲水添加(40g/日)

試験方法

アウレオ投与群と対照群の産卵率を比較(表1、図1)。

結果

・ アウレオ投与群は産卵開始25週齢時より産生成績が悪く、産卵ピーク29週齢以降も対象群と比較して低調であったが、アウレオ給与開始2週間後の36週齢時には対照群の産卵率に追いつき、37週齢時には対照区の成績を上回った(表1、図1)。
・ 給与を終了した38週齢以降もアウレオ投与群は対照群の産卵成績を上回り、その成績を維持した(表1、図1)。

考察

 黒酵母(アウレオバシジウム)培養液およびβグルカンは経口投与によって生体の免疫細胞を賦活化するといわれており、獣医領域においても感染症予防や抗腫瘍を目的に、小動物臨床の現場での実績がある。本試験における産卵成績の改善結果については免疫細胞の賦活化効果による説明が困難であり今後の研究の課題ではあるが、試験を行なった種鶏場の管理者によると、対照群と比較してアウレオ投与群は鶏の食欲、活動が活発で状態が良いとの報告があり、このことから密飼いによる高ストレス下で免疫機能が低下しているであろう鶏の免疫が賦活化され健常化することにより、産卵成績が向上したことが推察された。

表1 チャンキー種鶏産卵率表 図1 チャンキー種鶏産卵率の比較