はじめに 黒酵母βグルカン(アウレオバシジウム)培養液テクニカルレポート


はじめに


βグルカンとは

 「グルカン」とはグルコースが多数繋がってできた多糖類の総称で、食物繊維のひとつです。「グルカン」は、その化学構造から「αグルカン」と「βグルカン」の二種類に分類されますが、このうちデンプンなどのαグルカンは身近な食品原料、添加物として食品、工業製品などに活用されています。
 一方、免疫機能を強化、活性化する食品として近年注目を集めている食品にアガリクスや、シイタケ、メシマコブなどに代表される、キノコ類がありますが、これらのキノコ類に含まれ免疫を活性化するといわれている成分が、βグルカンです。このβグルカンには前述のキノコなどに含まれているもの、菌類の細胞壁にあるもの、微生物がつくりだすものなどがあります。

アウレオバシジウム プルランス(黒酵母)

 βグルカンをつくりだす微生物の一つにAureobasidium  pullulans(黒酵母菌)があります。
Aureobasidium pullulans は、不完全菌類に分類される黒色酵母様菌の1種です。世界各地に分布しております。形態が菌糸状〜胞子状に変化する特徴があります。
Aureobasidium pullulans は、 1930年代にプルランを生産することが発見され、バイオテクノロジー分野では、盛んに研究されております。培養物は、安全性が確認されており、プルランは日本ではでんぷん同様、使用制限の無い(たくさん摂取しても問題が少ない)添加物として使われており、安全性の高い微生物です。

黒酵母(アウレオバシジウム)培養液

 当社の製造するβグルカンは、このAureobasidium  pullulans が代謝物として菌以外に生成するものです。この黒酵母(アウレオバシジウム)培養液は、ある特定の条件、環境下で、ショ糖、コメ糠、ビタミン等を混合した培地でAureobasidium  pullulans を培養することによりつくられます。
 培養ですので、培養条件、環境を人為的にコントロールすることが可能なため、含有されるβグルカンを質的にも量的にも理想的な状態で作り出すことが可能です。

 当内容では、この黒酵母(アウレオバシジウム)培養液に関する当社独自のエビデンスと最新の研究成果をご紹介しております。また当社の所有する黒酵母(アウレオバシジウム)培養液およびβグルカンに関する知的所有権については下記をご参照ください。

● 日本国特許
  特許第4054697号 発明の名称:便秘改善剤
  特許第4000078号 発明の名称:皮膚用保湿剤
  特許第4369258号 発明の名称:免疫賦活剤
● 大韓民国特許 特許第10−0649855号
● 中華民国特許 発明第1282279号
● 中華人民共和国特許 ZL200480001038.5
 発明の名称:βグルカン含有組成物及び該組成物を利用した便秘改善剤、
 免疫賦活剤並びに皮膚用保湿剤